東京モーターショー2013特集 イケてるクルマ画像シリーズ2【22枚】

フォルクスワーゲン1303S Yellow/Black Racer

クルマシリーズ第2段!

東京モーターショークルマシリーズ第1段に引き続き、第2段です。

いやーやっぱりカッコ良い。

行ってよかったモーターショーてなもんです。がはは。

では早速いってみましょー!

 

スポンサード リンク

 

BMW 4シリーズ カブリオレ

BMW 4シリーズ カブリオレ

泣く子も黙る添加のBMWです。

クルマに詳しくない僕でもわかる、ステキなブランドBMW。

イカツイですね。カッコイイですね。たまらんですね!

 

スポンサード リンク

 

BMW Alpina B4 BiTurbo

BMW Alpina B4 BiTurbo

BMWの4シリーズをベースとしたアルピナモデルです。

ちなみにアルピナとは、BMWをベースとしたコンプリートカーを生産・販売している会社だそうです。

へー、初めて知った!

日本ではニコル・グループというところが販売しているようで、お値段¥10,390,000!

お昼のランチ代が980円だと贅沢なレベルの僕には高いのか安いのかわかりませんが、価格に見合った貫禄は十分です。

 

BMW Alpina D3 BiTurbo Limousine

BMW Alpina D3 BiTurbo Limousine

同じくアルピナからディーゼルエンジンのD3も展示されていました。

ちなみにこちらの価格は¥8,960,000。

B4 BiTurboよりちょっと安い!

これは買いですよ奥さん!

 

横浜ゴム AERO-Y

横浜ゴム AERO-Y

横浜ゴムが研究目的として作ったエアロワイというクルマです。

スポーツカータイプの電気自動車ってことなんですが、ぱっと見全く電気自動車っぽくないですよね。

自社の研究目的の為に自動車を作っちゃうなんてなんてスケールのデカイ会社なんでしょう・・・。

 

ポルシェ911 GT3カップ

ポルシェ911 GT3カップ

ポルシェのレーシングカーで見たことがあるかたも結構いるんじゃないでしょうか。

生産台数は2400台以上だそうですので、もしかしたらお金持ちの方は持っている可能性も・・・こんなんが自宅のガレージにあったらスゴイですよね。

 

ポルシェ 911 50th アニバーサリーエディション

 ポルシェ 911 50th アニバーサリーエディション

911が誕生してから50週年がたち、アニバーサリーエディションとして展示されていました。

このクルマは911が誕生した1963年にちなんで1963台生産されるそう。

生産台数ってそんなアバウトな決め方でいいのでしょうか・・・でもまぁなんかいい気がします。

 

ポルシェ パナメーラS Eハイブリッド

ポルシェ パナメーラS Eハイブリッド

これまたグイグイくるクルマですね。

こんなんでデートの待ち合わせに行ったらもうたまらんでしょーなー。

あー、なんかこう、早稲田、慶應のボンボンな学生とかがこんなん乗り回しちゃったりなんかして、イケメンで家柄も良く、医学部で将来有望、そんな人が乗っちゃうんですよ!

ぬあー!

 

フォルクスワーゲン 1303S Yellow/Black Racer

フォルクスワーゲン 1303S Yellow/Black Racer

これかわいい。ぐうかわ。

1973年に限定生産された1303S Yellow/Black Racerの復刻版だそうです。

なんかあんまり40年前っぽくないですね・・・リデザインされてるんでしょうか?

 

Audi R18 e-tron quattro

Audi R18 e-tron quattro

ルマン24時間耐久レースでハイブリッドマシンによる優勝を成し遂げたスゴイ機体です。

これぞレーシングカー!って感じですよね。

 

スズキ iV-4

スズキ iV-4

コンセプトは「Grid your field」(自分のフィールドをつかもう)だそうです。

ええと、自分の居場所を作るのって大切だよね、ってことでしょうか。なんか違う気がする。

普段使いできそうなクルマですが、エッジが効いたシャープなラインがちょっとカッコイイです。

 

RENAULT(ルノー)DeZir

RENAULT(ルノー)DeZir

デジール!

こういうブッ飛んだデザインは外国のクルマに多いんですかね。

スゲーです。後ろのラインがシルバーすぎてちょっとかっこ悪いのは僕の撮影が悪かったせいです。

 

日産 GT-R 2014年マイナーチェンジモデル

日産 GT-R 2014年マイナーチェンジモデル 日産 GT-R 2014年マイナーチェンジモデル2

走り屋といえばGTR!(勝手な妄想)

むかーし走り屋の先輩に乗せてもらったことがあるんですが、運転している先輩はなんかカッコよく、輝いていました。

 

日産 GT-R ニスモ

日産 GT-R ニスモ1 日産 GT-R ニスモ2 日産 GT-R ニスモ3 日産 GT-R ニスモ4 日産 GT-R ニスモ5

GTRの最高峰ニスモ。

これ、なんと600馬力もあるそうです。

なんというか、カッコイイを通り越して、孤高の存在というか、別格感がハンパないです。

 

ケン・オクヤマデザイン kode7Clubman

ケン・オクヤマデザイン kode7Clubman

これの赤いのはシリーズ1でご紹介したのですが、黒いほうを忘れてました。

異彩を放っているデザインです。

価格は850万円からの受注生産らしいので、欲しい方はがんばってお金をためましょう!

 

ケン・オクヤマデザイン kode9

ケン・オクヤマデザイン kode9 1 ケン・オクヤマデザイン kode9 2 ケン・オクヤマデザイン kode9 3

これもシリーズ1でご紹介したのですが、特徴的な後ろ姿を載せてなかったので改めて載せました。

なんとなくサイボーグ009を思い出させるような、そんな感じ。

 

というわけで、クルマ編はこれにて終了です。

いやーこうして改めて見てみると、もっといっぱい撮りたかったなーという気持ちでいっぱいです。

クルマは今回初めて撮影したのですが、スタイルが洗練されているだけあって、どのアングルから撮ってもカッコ良いので、セレクトが一番困りました笑

来年はもっといっぱい撮りたいなー。

誰かプレス向けの招待券くれないかな・・・笑

 

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑