吉野家の黒毛和牛すき鍋膳を食べ比べ。正直なところ…

今年もやってきました牛すき鍋膳の季節です。

これが出てくるとあぁもう冬が近いんだなぁ、なんかわからんけどヤバいな…って思いますよね。

そして今年はなんと数量限定で、黒毛和牛の牛すき鍋膳が誕生しました。

さっそく発売日の発売時間に食べてきたのでレビューしていきたいと思います。

最初に結論をぶっちゃけると、

  • 公式写真みたいにお肉は大きくないというかむしろ小さい
  • お肉の量はまずまず結構ある
  • 作るの大変そうで、店員さんがあわあわしてた
  • 味はしっかりと美味しいお肉の味がした
  • 和牛の脂分なのか、味はかなりこってりめでごはん大盛りでも良さそう
  • 食べ終わったあとも口の中にお肉の脂分が残る
  • 相対的に、普通の牛すき鍋膳の完成度の高さに思い至った
  • すき家と比べてもやっぱり美味い吉野家の牛すき鍋膳

という感じです。

つまるところ「無理に黒毛和牛すき膳を頼む必要はないかな…普通ので美味しいし、むしろ普通のほうがバランス良い」という印象でした。

…。

まぁぼくは吉野家にお金もらってないので正直でいいんです笑。

さっそく詳しいレビューにいってみましょー!

吉野家の黒毛和牛すき鍋膳を食べ比べ。正直なところ…

吉野家の黒毛和牛すき鍋膳は、オーダーにちょっと時間がかかる

10/5日11時から提供開始の黒毛和牛すき鍋膳。

厨房にいるスタッフは1人なので、お昼の忙しい時間とあいまって出てくるのはちょっと遅めでした。

大変そう…。

そしてきたのがこちらです。

あれ、吉野家公式の写真と違う…?

まず見ていただきたいのは吉野家の公式写真。

お肉が大きくていかにも和牛!うまそう!って感じですね。

そして現実がこちらです。

うん、まぁいいんだけど…。

お肉、小さすぎない…?

わかりづらいかもなので、お肉をつまんでみます。

ちいさ!

これは…普通の牛すき鍋膳よりも小さいかもしれない。

普通の牛すき鍋膳と黒毛和牛すき鍋膳の比較

以前に撮っていた牛すき鍋膳はこんな感じです。

過去記事:吉野家と松屋、特徴が分かれた年になった

そして今回の黒毛和牛すき鍋膳はこちら。

うーん…まぁそんなに悪くはないように見える…けど、やっぱりお肉が小さいんですよね。

冷静に考えて998円という価格で黒毛和牛となれば、加工時にでる端肉みたいなのを使うしかないと思うんですけど、それにしても小さい…。

最初からこんなものかな、と思っていれば別に問題ないんですが、公式写真がちょっと盛りすぎ感があったせいで期待してしまった…。

お肉の量は満足!

お肉の大きさはがっかりでしたが、お肉の量は問題ない感じでした。

ざっとこんな感じで、それなりの量が入っています。

お箸でお肉をがさっとたくさん持ち上げるとこんな感じ。

そこそこ量ありますよね。

味は、和牛の脂が美味しい…けどちょっとクドい

お肉を卵にひたしてごはんと一緒に…しみじみ美味しいすき焼きの旨さ…。

ただ、黒毛和牛の脂身がけっこうでているせいか、割と油っこくて味も濃い目に感じました。

これは好みがわかれるところかも。

濃い味好きな方は黒毛和牛すき鍋膳はいいと思います。

お肉だけじゃなくて、野菜やうどん、おふもいい感じ

お肉以外の具材もボリュームがあって、満足できる内容でした。

うーん、総合点は高いと思います。

まちがいなくこの料金だったら納得できる内容。

ただ完成度というか味のバランスは、普通の牛すき鍋膳のほうがいいかなぁ…。

まとめ:味がこってりめが好きな人は黒毛和牛すき鍋前がおすすめ(でも肉は小さい)

脂が好き!、こってり味が好き!という方にはおすすめできると思います。

そうでない方は、通常タイプの牛すき鍋膳がおすすめ。

ぼくは…次は通常タイプに戻すかな笑。

とりあえず話のネタに一度食べてみるのも良いと思います!

過去に吉野家とすき家のすき焼きを比べた記事はこちらにあるので、よかったらこれも参考にしてみてください。

過去記事:吉野家と松屋、特徴が分かれた年になった

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑