カガミクリスタルとバカラを買ったので比べてみました。

クリスタルグラスの最高峰とも言われているバカラ。

そして日本が誇るカガミクリスタル。

一体どれくらいの差があるものなのか…!

ということで、両方買って比べてみました。

写真も割とがんばって撮ったので、ぜひ見ていってくださいー!w

カガミクリスタルとバカラの比較レビュー。イイモノはどっちだ!?

カガミクリスタルもバカラも高級路線なので、比較用にむかーしヴィレッジバンガードで買った2.300円のグラスも見ていきたいと思います。

さぁどれくらいの差があるものなのか…。

まずはいわゆる安めのグラス

はい、シンプルイズベストな感じです。

グラスの底にまんまるの泡が浮いているのがアクセントになっています。

至って普通。

上からも見てみましょう。

特に変わった点もなく、普通オブ普通です。

ザ・工業製品!という感じですね。

カガミクリスタルのロックグラス校倉

カガミクリスタルのロックグラス、校倉(あぜくら)です。

お値段は7,500円で木箱に入って届けられます。

カットされた面をさらにすりガラスに仕上げてあったりと、かなり細かい細工がされていますね。

どっしりとしていて飲みやすくいい感じ。

上から見るとこんな感じです。

めちゃくちゃキレイ!!!

さっきの安物のグラスとはまったく違う景色が見えます。

いやーさすがカガミクリスタル…!

カガミクリスタル 校倉 オンザロック T394-312
  • カガミクリスタル(Kagami)
  • 価格   ¥ 8,250 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

バカラのロックグラス、アビス

そしてこちらがさらに高級なクリスタルグラス、バカラのアビスです。

お値段なんと35,000円くらい!

いやー高かった…。

さっそく見ていきましょう。

おお…。

形がまったく違います。

そして重い。

3つのグラスの中で一番重量感があります。

このアビスの真骨頂は、グラスを覗き込んだ時なので、さっそく見ていきましょう。

…。

ゴイスー。

吸い込まれそうな印象の内面になっています。

アビスというのは、深海や無限を表す言葉だそうで、まさにそのイメージにぴったり。

いやーさすが35000円だしただけあった…。

3つのグラスを比較してみて

3つのグラスを比べてみて、一番おもしろかったのが、

色がそれぞれ違うということ。

安いグラスは若干緑がかっている感じ。

カガミクリスタルはすごく白くて透明感があります。

バカラは独特のきらめきがあるガラス!って感じ。

こうも違うもんなんですね…。

さらに、バカラの場合、個体差が非常に大きいです。

パッと見で違うので、もしその差が気になる方は直接お店に行って、いくつか見比べて買うと良いと思います。

それにしても一言でクリスタルグラスと言ってもなかなか奥深いものですね…。

いっかい買えば、ワイングラスと違って割れづらいのでそこそこ長く使えるハズ。

ぜひちょっとイイモノを買って、ラグジュアリーな時間を過ごしましょう!

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑