チョリパンを日本で唯一食べれるお店はデートに良いお店でした

チョリソー

アルゼンチンのソウルフード、チョリパン。

これを代々木上原で食べさせてくれるお店があると言うことで、行ってまいりました!(`・ω・´)ゞ

 

スポンサード リンク

 

代々木上原のミ・チョリパン

ミ・チョリパン外見

代々木上原駅からてくてくと坂を登って行くと、すぐに発見。

こちらがチョリパン専門店のミ・チョリパンです。

ミ・チョリパンの内装

中に入ると…おお、オシャレ!

ソファ席は、2人ならんで食べる感じになるので、初デートで相手との距離を縮めたい時に最適ですね。グフフ。

ミ・チョリパンの内装2

奥には、グループ用の席もあるので、4人くらいの団体で行ってもダイジョウブです。

本場アルゼンチンで修行した夫婦が作るチョリパン

そもそもチョリパンというのは、チョリソーを挟んだパンのことで、つまりはホットドック的な感じです。

ホットドックのソーセージが分厚い版とイメージしていただければ良いかと。

店長の中尾さんは、アルゼンチンに旅行した際に、このチョリパン屋と出会い、その味に一目惚れし、弟子入りしたそうです。

なんたる行動力。

 

スポンサード リンク

 

実際にチョリパンを食べてみる

ミ・チョリパンの厨房

こちらで店長の中尾さんが、チョリソーを焼いてくれます。

ジュージューとめちゃめちゃいい音がするんですよ…!

チョリパンの野菜

ミ・チョリパンでは、チョリパンに野菜を入れることもできます。

レタス・トマト・炒めた玉ねぎ、ネギマヨネーズ、サルサ等など。

本場のチョリパンは、野菜を入れないらしいので、僕はチョリソーオンリーで行くことにしました。

…というか、ちょっと若干お値段が高いこともあって…チョリパンが700円で、この野菜を入れると+300円もしてしまうのです。

デートなら良い価格帯ですが、ランチだとちょっとお高いかも。

チョリソー焼いてる

店長がチョリソーを焼いているところ。

めちゃめちゃいい音がしています。

チョリパン

焼きあがったチョリソーにチミチュリソースというアルゼンチンのソースをかけて出来上がり!

めっちゃウマそうです。

チミチュリソースは、パセリとニンニクを油と酢、さらには香辛料で作られています。

アルゼンチンビール

ついでにアルゼンチンを代表するビール、キルメスも頼んでみました。

アルゼンチンのビール消費の75%はこのキルメスらしいです。

恐るべしキルメス!

お味のほうはというと、普通にゴクゴク飲めちゃう感じです。

クセはあんまりないような。

ポテトフライ

ビールを飲んでたらおつまみも欲しくなってきたので、ポテトフライを頼んじゃいました。

こちらは北海道十勝のおいもを使ったポテトフライ。

ほくほくでウマウマです(*´Д`)

ミ・チョリパンのまとめ

本格的なチョリパンが食べれるお店。

価格帯がちょっとお高めなので、ランチには不向きかも。

お店の雰囲気はすごく良いので、デートにはピッタリ。

「チョリパンって知ってる?」からのデートにも誘いやすいのでは。

Mi Choripan(ミ・チョリパン)

住所:東京都渋谷区上原2-4-8

東京都渋谷区上原2-4-8

営業時間:月~金 12:00〜16:00・17:30〜21:00 土日祝 11:00〜20:00
定休日:火曜、第2、4月曜(祝日は営業)

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑