胃酸過多の原因と僕が試した対処法

胃酸過多でしんどい人

胃酸過多、結構しんどいですよね。大体原因は「ストレス」が多いのがこの病気の特徴です。

今回は胃酸過多になりやすい人の特徴とオススメ対処法を書いていきたいと思います。

当てはまったらこれが原因かも!?胃酸過多になりやすい人の特徴とは

その1.食事の時に周りの人よりも食べるスピードが早い。

その2.生活環境が変わった、もしくは上司や部下が変わった。

その3.寝る前に良く夜食を食べてしまう。

その4.お腹が空いている時に、コーヒーをよく飲む。

その5.空きっ腹でビールやワインなどのアルコールをよく飲む。

その6.重要な役職についている、もしくは責任が大きい仕事をしている。

その7.ハンバーガーや焼肉など、動物性のタンパク質をよく食べる。

いかがでしたでしょうか?

これを見られているということは、一つくらいは当てはまっている可能性が高いと思います。

つまり胃酸過多の原因は、「外的なストレス」と「食生活」が大きな要因となっています。

 

スポンサード リンク

 

別な病気と要注意!胃酸過多の症状と市販薬の種類

胃酸過多で苦しむ人

胃酸過多になると、胃のまわり全体が締め付けるような痛さになるため、心臓が痛い!と錯覚する場合もあります。

こうなったら迷わず病院に行きましょう。

不安なままでいると、「ストレスによる悪循環」が発生してしまいます。

「ストレスによる悪循環」とは、心臓(胃)が痛い→もしかしてヒドイ病気なんじゃないかと不安になる→ストレスがたまる→ストレスによりさらに症状が悪化する、という現象のことです。

もちろん忙しくてすぐには病院へ行けない時もあるかと思います。

そういう場合は、応急処置的に市販薬を飲むのも良いです。

あくまで応急処置ですよ!

市販されている胃薬の種類

胃薬の種類には3タイプあり、それぞれが違う効果になります。

なので、胃薬だからなんでもいいや!と思って買ってしまうと、まったく効果がないことも・・・。

そうならない為に、ここでその3タイプの説明をしていきます。

胃薬その1「胃の働きを助けるタイプ」

胃の調子を良くするタイプで、健胃薬(けんいやく)と呼ばれています。

胃酸過多というよりは、普段から胃腸が弱い人用かも。

有名なのは、セルベールになります。

胃薬その2「胃酸を直接抑えるタイプ」

胃酸の出過ぎを抑制するタイプです。

胃酸過多の時はこれか、次に紹介する総合タイプを選びましょう。

有名なのはガスター10です。

ガスター10は以前、医薬品扱いだったこともあるくらいかなり効きますが、その分注意しなければならないこともあります。

特に心臓に疾患がある方は、やめたほうがいいみたいです。

胃薬その3「総合胃腸薬」

上記2タイプのいいとこどりがこれです。

胃の働きを良くし、さらに胃酸の調子も整えるタイプで、一番種類が多いのがこのタイプ。

僕のオススメはキャベジンコーワ。

これは粉じゃなくて錠剤タイプのため、常備しておけばいつでもさらっと飲むことができます。

成分からみた効き目は・・・胃壁保護と修復+消化+制酸+鎮痛という感じ。

胃の調子が悪いときはどんと来い!って感じです。

とりあえず忙しい時はこれで応急処置をし、なるべく早く病院で診察してもらうようにしましょう。

 

スポンサード リンク

 

病院でもらえる薬の紹介

胃酸過多で病院に行くと、どんな薬がもらえるのか気になりますよね。

ひょっとして市販薬と同じなんじゃ意味ないや・・・と思ったら大間違いです!

やはり処方箋がいるだけあって、かなりの効果が発揮されます。

ホントに痛くて痛くて悩んでいる方はぜひ病院に行ってみてください。

それでは代表的なお薬の紹介をしていきたいと思います。

胃の粘膜を保護するグリマック

医薬品グリマック

粒状(粒タイプ)の薬です。

主に弱った胃の粘膜を保護することができます。

胃の炎症を抑えるアズレンと、胃の粘膜を健康にするL-グルタミンという有効成分が2つ合わさってさらに相乗効果がでます。

胃腸薬の基本!

胃の痛みや吐き気を抑えるストロカイン

胃腸薬ストロカイン

胃粘膜を麻酔して、痛みや吐き気を抑えるストロカインです。

胃腸の運動もしずまるため、腹痛や下痢にも効果あり。

これをお医者さんに処方してもらえば、ツライ胃酸過多の痛みともおさらばです!

胃酸の分泌を協力に抑えるネキシウム

胃腸薬ネキシウム

出すぎた胃酸で胃粘膜などが傷つくことを防ぐネキシウム。

胃酸をがっちり抑える為に、逆流性食道炎などにも効果的。

胃酸過多で吐いてしまう場合に有効です。

以上の3種類が病院で処方してくれるお薬となります。

どれも市販薬より効果が高いので、あまり無理せず病院に行って下さいね。

さらに胃酸過多の時にオススメの食べ物も特集しましたのでよかったら読んでみてはいかがでしょうか?

→胃酸過多でも食べれるオススメの食べ物はこちら

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑