たまには東京タワーでも。昼と夕方とそして夜のイルミネーション【16枚】

東京タワー

都内に住んでいる人ほど行きそうで行かない場所、東京タワー

最近はスカイツリーに押されてちょっと影がうすくなってしまった東京タワー。

でも実は、夜景はスカイツリーよりもキレイだったりします。

スカイツリーは、いかにもオシャレでデートや観光によござんすよ!って感じですが、

東京タワーは昔ながらの観光地という趣きで、素晴らしくまったりすることができます。混んでないし!

そんなわけで、東京タワー自体の魅力を再確認すべく、田町駅から徒歩で東京タワーに向かって撮影してみました。

カメラはいつもどおりのニコン一眼レフカメラD600です。

なんか懐かしい気分になる東京タワー、仕事の合間にでもサボってみてみてください。

 

スポンサード リンク

 

東京タワーじゃない
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:1/200秒  F値:5.6  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:100

いやぁすごいですね、東京タワー・・・あ、間違えました。

聡明な方はお気づきになられたでしょうが、これは東京タワーではないです。

田町駅から東京タワーに歩いて行く途中にありました。

うっかりさんはこれを発見して、東京タワーってこんなもんかぁ、大したことないわー、なんて思っちゃうかもしれません。注意です。

 

山中商店と東京タワー
レンズ:SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
シャッタースピード:1/500秒  F値:4.0  レンズ焦点距離:70mm  ISOスピードレート:160

田町駅からちょっと歩くと、芝公園に着きます。

東京タワーを目指して歩いていればだいたい途中で見つけることができます。

その芝公園のすぐ脇に山中商店という看板を発見。

一体なにを売っている店なのかまったくわかりませんが、なんとなくレトロな感じが東京タワーにも合うかと思って看板と東京タワーの2ショット写真を撮ってみました。

 

スポンサード リンク

 

2ショットの割には2つの距離がハンパなく遠いです。遠距離恋愛。

 

紅葉と東京タワー
レンズ:SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
シャッタースピード:1/100秒  F値:10.0  レンズ焦点距離:70mm  ISOスピードレート:200

芝公園の先に増上寺(ぞうじょうじ)というでっかいお寺があります。

そこの近くの紅葉と東京タワーを撮ってみました。

少し、構図に無理がありますが、こういう構図を撮りたかったの!と言っちゃえば大丈夫かなと思いました。

 

増上寺から東京タワー
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:1/1000秒  F値:4.5  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:200

増上寺からにょきっと東京タワーが生えているの図。

東京タワーって、お寺とよく似合います。

スカイツリーじゃぁこうはいきませんぜ、奥さん。

 

すずめと東京タワー
レンズ:SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
シャッタースピード:1/250秒  F値:9.0  レンズ焦点距離:240mm  ISOスピードレート:640

すずめと東京タワー。

というか、すずめメインです。

すずめ、冬支度をしているのか、ふっくらもこもこしてきています。かわいい。

 

すずめ2羽と東京タワー
レンズ:SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
シャッタースピード:1/250秒  F値:9.0  レンズ焦点距離:240mm  ISOスピードレート:720

すずめが2羽います。

すずめのかわいさにやられました。

もう今日は東京タワーじゃなくてすずめ特集でもいいんじゃないか・・・そんな気にさせる魅惑のスズメたち。

あ、でも一応東京タワーも後ろに写ってます。

 

秋の葉っぱと東京タワー
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:1/1000秒  F値:1.8  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:125

紅葉した葉っぱを入れて、いかにもオシャレに撮りたかった感が満載の写真。

葉っぱをアイキャッチにしたかったので、東京タワーはF値1.8にしてぼかしました。

ぼかしてもなお東京タワーは東京タワーとわかるシルエットなのがすごい。

 

東京タワー下から
レンズ:Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(レビューはこちら)
シャッタースピード:1/250秒  F値:7.1  レンズ焦点距離:18mm  ISOスピードレート:1250

これぞ東京タワー!

ザ・東京タワーです。

超広角レンズじゃないとこんな感じには撮れないので注意です。

スカイツリーより間近で見ると親近感ありますなー。

 

夕暮れ東京タワー
レンズ:Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(レビューはこちら)
シャッタースピード:1/160秒  F値:6.3  レンズ焦点距離:24mm  ISOスピードレート:125

だんだんと夕暮れが近づいてきました。

なんかちょっと物悲しい気分になる時間。

センチメンタル・ジャーニー。

 

日没東京タワー
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:1/4000秒  F値:1.8  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:100

本当はこんなに暗くないんだけど、シルエット的なのが撮ればキレイかなーと思って、シャッタースピードを激速にして暗めに撮った写真。

いい感じの色合いです。

夕暮れってもっと赤くなるかと思ったんだけど、意外と黄色でした。秋だからかな?(たぶん違う)

 

東京タワーライト
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:1/4000秒  F値:1.8  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:1250

これが東京タワーのイルミネーションだ!

うそです。

ふふふ、だまされましたか?

これは東京タワーの真下にある、クリスマス的な空間にあった東京タワーライトです。

クリスマス的な空間は独り身にはツライ。

 

クリスマスツリーと東京タワー
レンズ:Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(レビューはこちら)
シャッタースピード:2.0秒  F値:9.0  レンズ焦点距離:20mm  ISOスピードレート:100

こちらが本物のイルミネーションです。

これ撮ってる時もまわりはカップルやら家族連れやらでみんな楽しそうでした。

なんか場違いな感じがして、おどおどと挙動不審になったけど、おまわりさんに職質とかされなくてよかった。

 

夜空と東京タワー
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:15秒  F値:10  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:100

東京タワー下のクリスマス空間で精神的ダメージを受けた僕は、そうそうにその場を去り、近くの公園でこれを撮りました。

寂しい気分の時の写真は寂しい感じになるという発見ができた一枚。

 

機械と東京タワー
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8G レンズのレビューはこちらです。
シャッタースピード:6.0秒  F値:4.5  レンズ焦点距離:50mm  ISOスピードレート:100

とぼとぼと歩いていたら機械萌えな装置を発見したので、東京タワーと共に撮影。

なんか湯気をボワーっと出していて、微動だにせず、寡黙に働いているシブい装置でした。

 

道路からみた東京タワー
レンズ:Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(レビューはこちら)
シャッタースピード:3.0秒  F値:8.0  レンズ焦点距離:35mm  ISOスピードレート:100

東京タワーから田町駅に戻る途中にある、桜田通りから撮った写真。

シャッタースピードをちょっと遅目にして、クルマのライトとテールランプでオシャレ写真っぽさを演出。

 

 

いかがでしょうか、東京タワー。

スカイツリーみたいに垢抜けた感じはしませんが、これはこれで非常に趣きのあるいいスポットだと思います。

人生に疲れた時、失恋した時、お腹が痛くて気を紛らわしたい時なんかに、ボーっと東京タワーを眺めているのもオツなものであります。

あ、いいキャッチコピー考えた。

「貴方の人生のすぐとなりに。東京タワー」

あれ、書いてみたらそんなに良くなかったかも。

まぁでもなんか悪くは無い気がします。

みなさんも勝手にキャッチコピーを作ってみてください。

 

最後に鉄筋萌えなあなたに送る一枚でお別れです。

東京タワーモノクロ

 

それではまた別な記事でお会いしましょう!

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑