実際に飲んで決めたシャンパン人気ランキング!ガチで美味いのはコレだ!!

シャンパンって実際どれが美味いのか、解説文読んでも正直よくわからなくないですか?

ぼくはさっぱりわかりません笑

まぁ、ぼくが素人すぎるっていうのもあるんですけど…。

「ファーストアタックとして、ブリオッシュの香りがあたりに広がり…」とか言われてもわからんすよ。

そもそもブリオッシュって、フランスの菓子パンなんですけど、それの匂いって言われてわかる人ホントにいるの!どうなの!という感じなわけです。

しかもですよ、めっちゃ舌が肥えた美食家の味わい方と素人というか普通の人の味わい方ってやっぱちょっと違うと思うんですよ。

というわけで、ぼくが素人でもうまいと感じる有名ドコロシャンパン&有名ドコロスパークリングワイン&ちょっとマイナーシャンパンを集めて飲んでみました。

価格帯は20,000円台から1,000円台までです。

ぜひ参考にしてみてくださいー!

シャンパン飲んでみたリスト(自分が美味しいと感じた順)

シャンパン

ルイ・ロデレール・クリスタル2007(価格26,000円くらい)

クリュッグ グランキュヴェ・ブリュット(価格19,000円くらい)

シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ(価格5,000円くらい)

ローラン・ペリエ ブリュットL・P(価格5,000円くらい)

ペリエ・ジュエ ベル・エポック2007(価格18,000円くらい)

ボーモン・デ・クレイエール グランド レゼルヴ ブリュット(価格4,000円くらい)

モエ アンペリアル(価格5,000円くらい)

GHマム ドゥミセック(価格5,000円くらい)

ヴーヴ・クリコ イエローラベルブリュット(価格5,000円くらい)

モエ アイスアンペリアル(価格6,000円くらい)

モエ ロゼアンペリアル(価格6,000円くらい)

ドン・ペリニヨン2006(価格15,000円くらい)

アンドレ・クルエ シルバーブリュット(価格5,000円くらい)

モエ ネクターアンペリアル(価格6,000円くらい)

スパークリングワイン

ロデレール・エステート カルテットアンダーソンヴァレーブリュット(価格3,000円くらい)

ラッツェンベルガー ブラン ド ノワール ゼクト ブリュット(価格5,000円くらい)

フレシネ・コルドン・ネグロ(価格1,500円くらい)

 

ラインナップがミーハーかつ脈絡がない感じですが、そこは気にしないでください笑

シャンパンを選ぶ時&飲むときに気をつけたこと

素人ながらに気をつけたことが、

  • 並行輸入品を買わないで正規品を買う。
  • シャンパンを冷やし過ぎない

この2つです。

並行輸入品はどんな感じで輸送されてきたのかわからないため、もしかしたらすごい劣悪な環境で保管されていたかもしれない可能性があります。

劣悪な環境は味を変えてしまいます。

そんなわけで正規品のみを買うようにしました。

あと、シャンパンは冷やし過ぎると匂いも味もよくわからなくなってしまいます。

なのでキンキンに冷やすよりも冷えてるなーくらいで飲みました。

それではそれぞれの感想に行ってみたいと思います!

ルイ・ロデレール・クリスタル2007(価格26,000円くらい)

これは持ち込みOKなお店にそそくさと持って行って飲みました。

開封した瞬間にものすごくいい香りが広がって、これがクリスタル…!という感じ。

味もすごく繊細なのにグッとくる味です。

マジでうまいなこれ…という感想しかなかったです。

一緒に飲んでたイケメンはすごくわかりやすい感想を言ってましたが、ぼくにはそのセンスはありません。

マジうめぇ、の一言です。

ぼくの中ではダントツの1位!

シャンパンが入ってるBOXも高級感あります。

これはホントにすごいシャンパンですよ。

お値段もちょっとスゴい。

お値段スゴいのに、キャバ嬢でもあまり知ってる人はいません。

「クリスタルやで!どやややや!!」って言ってもあんまり高級とは思ってもらえないかも。

ただ味はものすごく美味しいので、酔っ払ってる時に飲んじゃうとちょっともったいないです。

クリュッグ グランキュヴェ・ブリュット(価格19,000円くらい)

よくキャバクラとかでドンペリ頼むよりお金持っててわかってるお客が頼むのがこのクリュッグとか言われてますよね。

確かに美味しいです。

変なクセもないし。

泡がすごい細かいです。

なんか泡がクリーミーな感じ。

華やかさがすごい。

「ウチでクリュッグ飲むー?」って女の子に聞いて、

「え、スゴい!飲む飲むー!」ってなったらキャバ経験があるかもしれません。

クリュッグの難点は、ぼくが使っているシャンパンサーバーが使えないこと。

ちなみにこれなんですけど、これがあるとシャンパンが3日くらいは余裕で持ちます。

ぼくはこれを使って2日に分けて飲んでます。

シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ(価格5,000円くらい)

このシャンパンとの出会いは、ブルーノート東京というお店でした。

頼んだシャンパンがこれで、えらく美味しかったのでボトルで買いました。

エドシックを名乗っているのは、「パイパー・エドシック」「シャルル・エドシック」「エドシックモノポール」の3社です。

パイパー・エドシックもエドシックモノポールも同じ価格帯なのでそのうち飲みたいところ。

とりあえずこのシャルル・エドシックは美味しいです。

だいたい6年くらい熟成されているので泡も細かく、飲みやすく、後味も変な感じがしません。

ローラン・ペリエ ブリュットL・P(価格5,000円くらい)

日本だと、サントリーが輸入しているシャンパンです。

それほど期待せずに飲んだら…あ、美味しい!

飲みやすく、万人受けしそうな感じです。

結構オススメ。

ペリエ・ジュエ ベル・エポック2007(価格18,000円くらい)

パーティーがあったときに持って行きました。(写ってる手はぼくじゃないです)

キャバ嬢になんのシャンパン好き?って聞くと大抵このベル・エポックかクリュッグになります。

ボトルにはエミール・ガレのアネモネの花が描かれていて、ほかのシャンパンと一線を画しています。

これを相手の誕生日とかのディナーでさらっと出したらかっこいいですよね。

お店で飲んだら6万円くらいしそうだけど。

味はそんなに濃くなく、サラッと飲める感じ。

良く言えばフレッシュ?

ミネラルーって感じです。

ボーモン・デ・クレイエール グランド レゼルヴ ブリュット(価格4,000円くらい)

西麻布にあるカサハラという超絶ご飯が美味しいお店で頼んだボトル。

ものすごく飲みやすいです。

後味が変に残らず、かと言って薄いわけでは決してない感じ。

主張は強いのに、さっとなくなる感じ。

ついつい飲んじゃうシャンパンです。

モエ アンペリアル(価格5,000円くらい)

超有名なシャンパン。

しかもどこでも買えちゃう。

女子大生に特に大人気。

OLさんにも人気。

パーティで華やかさを出したいけどコストはそんなにバカ高くかけれないというときはこれが一番無難。

味も万人受けする感じ。

お店で頼むときは、ボトルで一万円ちょっとくらいなので、クリスマスとかに良さそう。

シャンパン通な人にはイマイチ不評みたいですが、ぼくは飲みやすくてこれはこれでアリだと思います。

アンドレ・クルエ シルバーブリュット(価格5,000円くらい)

めちゃくちゃ個性が強いです。

酸味が強い。

なんか魚っぽい…?

好きな人はハマるかもだけど、ぼくはダメでした。

ドンペリをさらに強くした感じ。

味が濃い目です。

【追記】シャンパンセーバーでとっておいて、二日後に飲んだらまろやかになってました!

うーん、角が取れたってことですかね…。

こんなに変わるもんなんだね…。

GHマム ドゥミセック(価格5,000円くらい)

ドゥミセックは要するに甘口ということです。

ブリュットは辛口で、ほとんどのシャンパンが辛口。

甘口のシャンパンなので好みは分かれますが、ぼくは結構好きな味。

味はかなり濃い目。

ただシャンパンの甘口って、「甘いお酒じゃないとやぁだぁ~系女子」にはウケないんですよね…。

そこらへん要注意です。

甘い系が好きな女の子には、モエ アンペリアルなどの辛口シャンパンにピーチネクターとか入れてあげるといいです。

ネクターなかなか売ってないのが難点ですが…。

ヴーヴ・クリコ イエローラベルブリュット(価格5,000円くらい)

モエ・エ・シャンドンと同じくらいよく売られているヴーヴ・クリコのイエローラベル。

ちなみにホワイトが甘口になります。

うーん、ぼくはそんなに好きな味ではなかったかも。

チェリーっぽい匂いがダメだったのかな…。

うーん、でも人気はあります。

モエ アイスアンペリアル(価格6,000円くらい)

モエの夏限定、氷を入れて飲むタイプのシャンパンです。

結構甘く感じます。

というか、氷を入れて飲む前提なので味はかなりハッキリしてるから、好きな人は好きかも。

たしかにパーティでこれがでたらグイグイいきそうだなぁという感じです。

うーむ、1人で飲むシャンパンではなかったかも笑

モエ ロゼアンペリアル(価格6,000円くらい)

モエですが、アンペリアルとくらべて好みがわかれそうなロゼ。

ぼくの好みとは違いましたが、そもそもロゼ自体が好き嫌いわかれるのかも。

見た目はピンクなので、女の子ウケはバツグンです。

というわけで、女の子と飲むのはオススメです。

ドン・ペリニヨン2006(価格15,000円くらい)

ドンペリは、なんというか個性がすごいあるような…?

ぼくが飲んだのがもう酸化しちゃってたのかもしれません。

できればもう一回信頼できるお店で買って飲みたいシャンパン。

ちなみにキャバ嬢ウケはあまりよくありません。

遊びをそんなしてない女子大生ならめっちゃウケてくれるかも。

なんと言っても知名度はバツグンです。

先日、ブルガリのラウンジに行ったらテーブルがドンペリのロゴ入ってました。

コラボなのかな…?

モエ ネクターアンペリアル(価格6,000円くらい)

モエのネクターは…うーん、いわゆる甘口なシャンパンなのですが、うーん…。

なんというか、個性が強い感じ。

好きな人は好きかもしれませんが、ここぞというときのシャンパンに選ぶのはギャンブルかも。

その他のスパークリングワイン

シャンパンは高いものは高いし、別にスパークリングワインで美味しいのがあればいいじゃない!ということで飲んでみたのですが…。

どれも失敗してしまいました。

マスコミはホント嘘ばっかなんだから!

というわけで一応感想書いていきます。

※シャンパンはシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインです。

ロデレール・エステート カルテットアンダーソンヴァレーブリュット(価格3,000円くらい)

ぼくの中で、文句なしのスパークリングワイン、ナンバーワンです。

ホントに美味しいし、コスパ良いです。

これ以外のスパークリングワインは飲まなくてもいいのではという感じ。

お値段的にもそんなにやたら高いわけでもないので、ヘタなシャンパンを飲むよりはこっちのほうがゼッタイいいと思います。

ちなみにこちら、ぼくがシャンパンで1位にしているルイ・ロデレール・クリスタルを作った人がカリフォルニアで監修したスパークリングワインになります。

いやー、ほんとこれは美味しいと思います。

素人なぼくでもわかる美味しさでした。

ラッツェンベルガー ブラン ド ノワール ゼクト ブリュット(価格5,000円くらい)

某高級百貨店で、「ルイ・ロデレール・クリスタルみたいな感じの味で安いスパークリングワインってありませんか?」

と聞いたらこれをオススメされました。

…。

飲んでみたら、ぜんぜん違うじゃん!!

まったくもってルイ・ロデレール・クリスタルとは味が別物です。

かなりというかものすごく個性が強いスパークリングワインです。

フレシネ・コルドン・ネグロ(価格1,500円くらい)

シャンパンと同じ製法で作られていて、非常に美味しい!というフレコミで買ってみました。

…。

ええと、まったく違います。

っていうかそもそも泡の大きさが全く違うし、味が大味だし、後味もなんかうーん、違う。

テレビでめちゃめちゃ美味いって紹介されました的なポップが貼られてたけど、なんか騙された感。

とはいえ、別にこのスパークリングワインが悪いわけじゃないとは思います。

お値段からしたらこれくらいだよな、という感じ。

悪くはないと思いますが、ぜひ上に上げてるシャンパンを飲んでもらうと違いがわかると思います。

結論:シャンパンは美味しいし、楽しい

ぼくはあくまで素人なので、プロ的なランキングではありません。

でも、普段シャンパンをそんなに飲まない人にはオススメできるランキングだと思います。

ステキな相手とステキな時間を過ごすのに、ピッタリの脇役であるシャンパン。

…まぁぼくはいつも夜に1人で飲んでるわけですが、実はそういう飲み方も楽しいのです。

…いや、つよがりとかじゃないですよ!

はい、それではみなさま、良いシャンパンライフをお過ごしください!

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑