秋葉原の牛かつ、壱弐参に行ってきたのですが…!衝撃の結果になりました。

秋葉原の牛かつ、壱弐参

食べログでは高評価なのに、レビューを読むとイマイチなお店、秋葉原の牛かつ屋さん、壱弐参に行ってきました!

果たして秋葉原の牛かつレベルはいかに…!

前回に行ったお店、新橋の牛かつ「もと村」の記事もありますので合わせてご覧ください(こっちは美女が食べてるよ!)

ちなみに、牛かつを知らない方の為に簡単な説明をしますと「超短時間で揚げる超レアな牛のトンカツ」です。

牛かつが食べれるお店は、新橋の「もと村」「おか田」、渋谷「もと村」、そしてこの秋葉原の「壱弐参」が有名。

「肉が筋張ってる」「衣がイマイチ」などのレビューがあるものの、食べログの点数はやたらと高いこの「壱弐参」

期待と不安を胸に詰め込みつつ行ってまいりました(`・ω・´)ゞ

 

スポンサード リンク

 

秋葉原の牛かつ「壱弐参」

牛かつ壱弐参の店舗

秋葉原のメイド喫茶が立ち並ぶ真ん中に、牛かつ壱弐参はあります。

1階が刀削麺のお店になっていて、壱弐参は地下1階です。

壱弐参の店内

壱弐参の店内

店内に入ると、カウンターが5.6席くらい、テーブルが2セットあります。

壱弐参の店内2

結構狭めなので、ランチタイムは混雑するのかも。

最初入った時に店員さん同士で喋ってて、ちょっと無視されてしまっていたのが若干不安を増大させます…。

壱弐参のメニュー

メニューは牛かつ屋さんらしく、牛かつのみ!

1:牛ロースかつ麦めしセット 1200円(小は1000円)

2:追加牛ロースかつ 700円

3:牛ロースかつ麦とろセット 1300円(小は1100円)

缶ビール(スーパードライ) 350円

角ハイボール(中ジョッキ) 300円

これで全部で、ゴハンのおかわり1杯まで無料、となっています。

新橋の牛かつ「もと村」とまったく一緒ですね。

今回は、一番セレブな「牛ロースかつ麦とろセット」を頼んでみました。

牛ロースかつ麦とろセット1300円

牛ロースかつ麦とろセット

どじゃーん!

こちらが牛ロースかつ麦とろセット。

牛かつは、「わさびを載せてしょうゆ」もしくは「山わさびしょうゆ」に付けて食べるのが作法です(`・ω・´)ゞ

壱弐参の牛ロースかつ

揚げ時間60秒という驚異的な早さの為、お肉はレア感ハンパない感じ。

これにわさびを乗っけて、醤油で食べてみます…。

牛ロースかつのわさびのせ

もぐもぐ…。

うん。

うーん?

(噛みきれない…)

これ下ごしらえちゃんとしてないな…という感じ。

筋がバッチリ残ってて、噛みきれませんでした(´・ω・`)

逆に、牛の筋フェチな方にはいいのかも。

そしてわさびがまったく風味ナシ!

ちょっとガッカリな結果です。

あ、でも麦飯ととろろは新橋の「もと村」に勝ってるかも。

牛かつ壱弐参のまとめ

今回に関しては食べログレビューの通り、筋が硬くて残念な感じでした。

でもまぁ、ほかのレビューでは「感動しました!」とか書かれてるから、好きな人は好きなのかも。

もし気になったら、1回行ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサード リンク

 

牛かつ壱弐参

住所:東京都千代田区外神田3-8-17 渡辺ビル B1F

東京都千代田区外神田3-8-17

営業時間:平日11:00~21:00
土日祝日11:00~20:30
定休日:無休(年末年始だけは不規則になります。)

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑