肉めしで有名な岡むら屋が秋葉原にできたので行ってきました!

新橋で有名になった「肉めし」はご存知ですか?

牛丼とは一味違う、新しい丼の世界!

この「肉めし」を食べることができる岡むら屋がこの度秋葉原にもできたので、さっそく行ってきました(`・ω・´)ゞ

秋葉原の岡むら屋入り口

秋葉原の岡むら屋はUDXのすぐとなりにあります。

新橋の客層はサラリーマンが主流なようですが、秋葉原の場合は、アキバ系(僕を含む)と観光客という感じ。

スポンサード リンク

さっそく肉めしを食らってみる

メニューは肉めしのバリエーションがある感じで、とりあえず主体は肉めしです。

肉めしとは、こんな感じ。

肉めし

煮込んだ牛肉がメインの丼です。

今回僕が頼んだのは、デラ肉めしという、いわゆる全部のせ系。

肉めしにたまごと大根がプラスされてお値段590円ナリ。

ちなみに普通の肉めしは、490円です。

肉めしの牛肉

牛肉はこんな感じで中までしっかりと味が染み込んでいます。

すじ肉じゃなくてこれはばら肉・・・かな?

ビールが欲しくなる味です(笑)

大根

さらにこちらは大根を切ったところ。

これも中までよく染みています。

意外と歯ごたえはあったので、もしかすると煮込んでる時間差とかあるのかも。

肉めしの豆腐

豆腐は・・・まぁ普通の豆腐です。

味が染みていて美味しい(*´Д`)

スポンサード リンク

肉めしのこんにゃく

こんにゃくもちょこっと入ってます。

ここまで来るといい意味で居酒屋メシ、って感じですね。

肉めしのたまねぎ

お肉の下にはたまねぎも入っています。

これは別鍋で煮込んでいるからなのか、ちゃんと歯ごたえもあるのが嬉しいです。

肉めしと牛丼の違い

食べてみるとわかるのですが、全然べつな食べ物という感じでした。

うーん、どちらも甲乙つけがたい・・・。

肉めしは大鍋で煮込んでいるところが見えるので、またそれが食欲をそそるんです。

肉めしの大鍋

この肉めしを出している岡むら屋ですが、なんとカツ丼で有名なかつやを運営しているアークランドサービスという会社だそうです。

牛丼戦争にはあえて飛び込まずに、新しい丼で勝負する・・・うまい戦略かもしれません。

肉めしは結構完成度が高い丼だと思うのですが、ただ一点だけ気になることが。

それは、「丼の形が悪すぎて、ゴハンをかきこめない」ということ。

キレイに見せるための形なのでしょうが、あれはいただけないですなぁ・・・。

そういえば丼ものといえば東京○めしってのもありましたね。

あれは1回食べただけで、もういいや、って思ってたら、やっぱりというかどんどん店舗がなくなっているようです。

それに比べてこの肉めしは割とメジャーになるポテンシャルは秘めていると思います。

もし秋葉原か新橋に行く機会があったら、ぜひ食べてみてください!(`・ω・´)ゞ

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑