武蔵野うどんの吉祥寺ベスト3!

武蔵野うどんベスト3

うどんのブランドと言えば武蔵野うどん!

武蔵野うどんが食べられるのは、埼玉県の一部と、武蔵野市(吉祥寺や三鷹)です。

埼玉にも武蔵野うどんを食べに行ったのですが、臨時休業や閉店などでなかなか食べることが出来ず・・・(´・ω・`)

もっと近場で無いのか探した所、吉祥寺付近に名店が揃っていることがわかりました!

さっそく食べに行ってきたので、ベスト3を発表したいと思います!

 

スポンサード リンク

 

吉祥寺武蔵野うどんと言えば、やぶ浅!

やぶ浅の武蔵野うどん

ベスト1はこの吉祥寺駅からほど近い、やぶ浅!

すべてのうどんメニューが武蔵野うどんなので、様々なバリエーションを味わうことができます。

武蔵野うどんは、武蔵野台地で作られた小麦粉を使用しているため、普通のうどんよりもほんの少し黒いのが特徴。

コシの強さも魅力的です。

武蔵野うどんというと豚汁うどんというイメージですが、郷土料理としては武蔵野台地で作られた小麦粉を使ったうどんのことを指します。

ゆずの香りがいい感じで、女性にもウケそうな感じ。

武蔵野うどんやぶ浅

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15

営業時間:11時~20時(ラストオーダー19:50)

定休日:水曜日

詳しい記事はこちらからどうぞ>>

 

スポンサード リンク

 

成蹊大学の学生さんに愛されるお店、尾張屋

尾張屋の武蔵野うどん

俳優の中井貴一さんもよく通ってたというこの尾張屋がベスト2です。

中井貴一は、ほら、これ、ミキプルーンの苗木(´∀`)のCMの人です。

それはさておき、豚肉とネギが優しい感じの少し甘めの味を出しています。

武蔵野うどん「尾張屋」

住所:吉祥寺本町4-25-7

吉祥寺本町4-25-7

営業時間:11時~20時

定休日:水曜日

詳しい記事はこちらからどうぞ>>

 

かつお節のニオイがたまらまい布袋屋(ほていや)

吉祥寺駅と三鷹駅の間にある布袋屋は、昭和10年創業。

手打ちのうどんは、のどごしつるっとどんどん食べれます。

写真撮れてませんが・・・笑

そばも大盛りは2人前あるので、たくさん食べたい人はぜひ。

そば・武蔵野うどん「布袋屋」

住所:吉祥寺本町4-25-7

吉祥寺本町4-25-7

営業時間:11時30分~19時30分

定休日:日曜日

 

武蔵野うどんはハズレがないのが特徴

名物料理はだいたいお店によって当たり外れが激しいのですが、武蔵野うどんに関してはほぼハズレなしです!

オレンジののぼりで「武蔵野地粉うどん」と書かれているお店なら安心して入って大丈夫。

ほかにも、

吉祥寺砂場・・・超老舗蕎麦屋の室町砂場で修行したご主人のお店。ここはおそばもオススメです。

そば処さらしな・・・駅からちょっと遠いですが、ほかのお店よりも100円ほど安い750円で食べれる昔なつかしの武蔵野うどん。

おそば仲屋・・・濃い目の汁で独特の甘みが美味いお店。豚肉の味も素晴らしい!

そば処若松・・・ブタ肉、しめじ、ねぎ、ナスが甘めの汁の中で渾然一体となって、非常に美味。

ささい・・・見た目がオシャレなお店。もやし、しいたけ、キャベツ、えのき、にんじん、たまねぎなどが入っており、野菜が食べたいときにはここ。

大むら・・・武蔵境名物のからしうどんが美味いお店。かなりのコダワリを感じるうどんです。

きそば中精・・・かつお節で作られた辛汁(からじる)で食べる武蔵野うどんは他と一線を画す味。

などがあります。

武蔵野市に行った際にはぜひ武蔵野うどんを食べてみてください!

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑