K&K缶つまをそのまんまで食べてみた正直なトコロ。

K&K缶つま

お酒のおつまみにちょっと奮発・・・という感じで買ってみました。

仕事も終わったし、なんかちょっと飲みたい気分、だけど家で気ままに飲みたいなーという時に最適な「缶つま」

会社帰りに寄ったサンクスでも売っていたので、4缶ほど買ってみました(`・ω・´)ゞ

 

スポンサード リンク

 

缶つまレストラン ムール貝の白ワイン蒸し風

 缶つま ムール貝の白ワイン蒸し風2

普段、スーパーで売ってないような食材を手軽に食べることができる缶つま、まず最初は「ムール貝の白ワイン蒸し風」です。

チリ産のちょっと大きめムール貝を白ワインで味付けした一品です。

ビールとあわせる・・・のではなく日本酒と合わせてみました。

これがまた日本酒とよく合います!

ちなみに日本酒は高砂酒造の雪氷室「一夜雫」の大吟醸です。

端麗辛口を地でいく感じで、さっぱりフルーティ、気がついたらすいすい飲んでしまうお酒です。

 

スポンサード リンク

 

日本酒のほのかな甘い香りって食欲誘いますよね(`・ω・´)

 

缶つまプレミアム 霧島黒豚角煮

缶つまプレミアム 霧島黒豚角煮

缶つまシリーズの中でも割と高級な、黒豚の角煮です。

これがまたいい味付けしてるんですよ・・・!

醤油ベースのこれぞ角煮!という味です。

豚肉も、霧島黒豚の三枚肉のみを使用したこだわりっぷり。

油までウマイ、食べて納得な味わいです。

 

缶つまプレミアム 赤鶏さつま炭火焼

缶つまプレミアム 赤鶏さつま炭火焼1 缶つまプレミアム 赤鶏さつま炭火焼2

鹿児島県産の「赤鶏さつま」という地鶏を国産塩と一味唐辛子で味付けした一品です。

これのすごいところは、「缶詰なのに炭火っぽい香ばしさ」があるところ。

ちょっと温めたら、缶詰の焼き鳥だとは誰も気が付かないレベルです。

ブロイラーとは一線を画す、この味わい。

ビールとの相性がバッチリです!

 

缶つま 牛すじこんにゃく

缶つま 牛すじこんにゃく1 缶つま 牛すじこんにゃく2

お酒のおつまみの王道、牛すじこんにゃくもばっちりラインナップされています。

パッケージには牛すじが50%入ってると書かれているんですが、実際はもっと入っている感じがします。

この牛すじがまたとろけるくらいにトロットロです!

こんにゃくもいい味が染みてて、これぞ牛すじ!という感じ。

ちょっと味にうるさい居酒屋レベルの味が家で味わえます。

できれば、温めるとさらに美味しいですよ!

 

缶つま、オススメの温め方

缶つまはそのまま食べてもかなり美味しいんですが、温めるとさらに美味しくなります。

缶詰なのでレンジでそのまま温めるとアブナイので、僕の場合、缶詰のフタを開け、それを鍋にいれて、缶詰の3分の2くらいの高さまで水を鍋にいれます。

鍋を弱火で温めれば、いい感じに缶詰の中もあたたまります!(`・ω・´)

失敗しても責任はとりません!笑

僕はこの方法でいい感じのおつまみにすることができました。

 

いやー、缶詰って僕が思ってる以上に進化していてびっくりです。

単なる非常食のレベルをはるかに超えて、グルメの域に達しているんですね・・・。

お仕事終わりの一品に、ぜひオススメです!

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑