すき焼きの材料はこれでキマリ!超王道を写真で解説!

すき焼き1

朝からコンビニのツナマヨおにぎり食べ比べをしてたらなんかとてもムナシクなったので、気分転換にすき焼きを作ってみました。

どうせならできるだけ高級な食材を使ってみよう!ということでセレブスーパー成城石井でガッツリ買ってまいりました(`・ω・´)ゞ
すき焼きの王道レシピを写真解説付きで詳しく書いていきたいと思います。

 

割と豪華なすき焼きの材料(2回分)

宮崎県黒毛和牛切り落とし300g・・・1390円

黒毛和牛ミスジ100g・・・930円

えびの高原たまご6個・・・315円

今半極上すき焼き割下・・・1050円

石井焼き豆腐・・・279円

高水白滝・・・260円

青森県産長ネギ・・・298円

京都産春菊・・・298円

岐阜県産生シイタケ・・・350円

淡路島産たまねぎ1個・・・138円

信州産えのき・・・98円

サッポロエビスビール・・・310円

牛脂・・・もらった。

合計・・・5716円

 

スポンサード リンク

 

すき焼きの具材、下ごしらえ

・白滝は水をはったお鍋に入れて、沸騰させます。沸騰したらすぐにザルにあけて冷水をかけて冷やします。

・えのきは根本の部分を切ってバラバラにします。

・長ネギは1センチくらいの長さで斜めに切ります。

・たまねぎも適当に切ります。食感が変わってくるのでお好みで。

・春菊も根っこを切ってバラバラにします。

・焼き豆腐も食べやすいサイズに切って・・・あ!入れるの忘れた!

・食材をそれぞれ用意できたら、ひとまとめにしておくと便利です。

すき焼き具材

食材を揃えるとこんな感じに。・・・焼き豆腐忘れたけど(TдT)

 

すき焼きの簡単な作り方

・鍋に牛脂を入れて、中火から弱火にし溶かします。

・お肉を一枚ずついれて焼きます。

・今半の極上割下をどぼどぼいれて煮ます。野菜もこの時にぽこぽこ入れます。特に順番は気にしなくて大丈夫です。

・味が濃くなってくるので、適時、水をどぼどぼ入れて調整してください。結構アバウトでOK!

・たまごを器に入れ、よくかき混ぜてお肉につけて召し上がれ!

すき焼き3

ひゃー!ウマイ!

なんていうか、肉ってこんな味だったんですね・・・。

黒毛和牛切り落とし300g1390円もめちゃめちゃ旨かったんですが、

100g1000円のミスジはもう別物でした。これは食べてみないとわからない味。

 

スポンサード リンク

 

すき焼きの割下も、さすが今半という感じでいい味だしてました。

野菜も外食で普段食べてるのと甘みが全然違うわけですよ・・・逆に言うと普段食べてる野菜ってなんだったんだ・・・。

卵にしても、普通の卵と食べ比べて見たんですが濃厚さがまるで違いました。卵も味が全然違い、全てにおいて普段の料理とは別格。

外食でディナー1回3000円くらいだとすぐにいってしまいますが、家で食べる3000円ディナーは格別の味です。

寒くなるこれからの季節、お鍋もいいけどすき焼きも良いですよー!

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑