【個撮】モデルさんと仲良くなれる秘訣【ポートレートテクニック】

飴なめてるモデル

人物撮影データ

カメラ・照明機材について

撮影対象:初対面のモデルさん

カメラ:Canon 50D

レンズ:SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 レンズのレビューはこちらです。

シャッタースピード:1/45秒

F値:4

レンズ焦点距離:50mm

ISOスピードレート:200

クリップオンストロボ:580exⅡ

 

スポンサード リンク

 

モデルさんと仲良くなれる秘訣

前回の記事に引き続き、撮影モデルさんと仲良くなれる方法について書いていきたいと思います。

僕はほとんどの場合、個人撮影のモデルさんを撮影してるのですが、仲良くなれると次のようなメリットがあります。

モデルさんと仲良くなるメリット

・女の子に嫌われないためのトークスキルが磨ける

・モデルさんがリラックスしてくれるので、いい表情の写真が撮れやすい。

・かわいいモデルさんと友達になれる。

・モデルさんから撮って欲しい、と言われることもあるので無料で撮ることができる。

・1人でふと寂しくなった時に飲みに誘える。

・場合によってはもしかしてひょっとするとお付き合いすることも・・・

もし例え仲良くなれなかったとしても、この秘訣をやっていればモデルさんも撮影してて楽しんでくれるはず。

実際みんなそれほど言わないだけで、カメラマンさんがモデルさんとくっつくことって割とあると思うんですよね。

ですが!

モデルさんと仲良くなるために一番大事なことを書きます。

それは、

下心を持たないことです。

むっつりエロカメラマンはどうしたってモテませんし、なによりモデルさんから見てメリットがないです!

上でもしかしたらお付き合いできるかも、とか書いておいて下心を持つなとかどういう苦行だよ、と思われたかもしれませんが、

お付き合い云々は、友達として仲良くなったその後のことです。まずは友達レベルになれるようにしなければなりません。

どうしたらモデルさんと友達レベルになれるか・・・それは上でもちょっと書きましたが、モデルさんから見てあなたにメリットを感じてもらうことが大事です。

例えば、

このカメラマンさんと撮影してるとすごく楽しい、だとか

このカメラマンさんは撮影がすごくうまくてわたしのかわいいポイントをわかってくれている、でもいいですし

このカメラマンさんはおしゃれで普通の人みたい、くらいのことでもいいと思います。

もともとがカメラで女の子を撮る、という行為自体がお互いの心の距離を近づけるのにとても有効なので、そこを後ひと押しするポイントがあれば、それはもう親しくなれるわけです(`・ω・´)

飴舐めてるモデルさんドアップ

ちょっと文章が続いてしまったので息抜きにモデルさんの写真を入れてみました笑

あ、そういえば今回の写真はモデルさんにチュッパチャップスをなめてもらっています。

甘いものでリラックスしながら撮影するのも、甘いもの好きなモデルさんでしたらとてもいいと思いますよ(`・ω・´)

 

最後に、「これをやってたらいつまでたってもモデルさんと仲良くなれませんよ」というポイントを書きたいと思います。

・服装がキタナイ。髪型がダサい。

・ジロジロとモデルさんを見過ぎる。

・会話がない。会話が続かない。

・なんか説教とかはじめちゃう。

・モデルさんに気遣いができてない。

・連絡がやたら多い。

こんなところでしょうか。

これをしたらダメ!というポイントの詳細については次回の記事で書きたいと思います。

それでは皆様、良いポートレート撮影ライフをお過ごしください!(`・ω・´)ゞ

 

撮影会でこれはダメ!というポイントの詳細はコチラです(・∀・)

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑