モデルさんと楽しく写真撮影する7つのコツ【ポートレートテクニック】

モデルさん

人物撮影データ

カメラデータ

撮影対象:初対面のモデルさん

カメラ:Canon 50D

レンズ:SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 レンズのレビューはこちらです。

シャッタースピード:1/45秒

F値:4

レンズ焦点距離:50mm

ISOスピードレート:200

クリップオンストロボ:580exⅡ

 

スポンサード リンク

 

今回のテーマとモデルさんと楽しく撮影する7つのコツ

今回は初めてのモデルさんとの撮影でしたので、モデルさんとどうコミュニケーションを取っていくかに焦点を当てたいと思います。

やっぱりモデルさんと親しくなったほうがいい写真が撮れますしね(`・ω・´)ゞ

寝転んだモデルさん

楽しい撮影のための7つのコツ

1.モデルさんのことを知る・・・

あまり根掘り葉掘り聞いても気持ち悪がられるだけですが、モデル経験がどれくらい?とか好きな服は何系?とか、撮影に関することをかるい感じで聞くと良いです。

2.モデルさんを褒める・・・

1で聞いた内容をしっかりと褒めます。例えば、モデル経験がまだ2.3回だったら、経験少ないのにすごいいい表情作れるね!とか、服装の話題になったら、その着てる服好きだなー、男ウケばっちりですわ!という感じで褒めることによってモデルさんの自信を高めます。的確に褒めることでモデルさんの緊張もなくなり、自信にみちたいい表情を作ってくれるはずです。

3.モデルさんのスタイルをさりげなく観察する・・・

実際にモデルさんに会ってみると、意外と胸が大きかったり、もしくは腰がすごいくびれていたりと、想像してなかったイイ撮影ポイントが見えてくることがあります。これを写真に撮らない手はないですので、しっかりとモデルさんを観察して撮影の際に強調したい部分を頭の中でリストアップしましょう。・・・じろじろ見過ぎるのはダメですよ!笑

4.モデルさんへのさりげないタッチ・・・

と書くとすごくセクハラっぽいですが、手が触れるということは心理的にとても大事です。もちろんベタベタと触っては気持ち悪いだけですのでダメです(´・ω・`) 例えばポーズを決めるときなどにちょっと手を肩などに添える程度でいいと思います。モデルさんとある程度親しくなっていれば、触れ合うことでさらに距離感が縮まります。モデルさんから触れてくるようになってくればかなり距離感は縮まっているはずです!

5.モデルさんからのツッコミ待ちをする・・・

4で書いたモデルさんから触ってくるくらいに心の距離を近づけるというところですが、具体的にどうすればいいのだ!とお考えになった貴兄にお教えします! それは「ボケとツッコミ」です。僕はよくボケをかますのが好きというか、もともとボケているので女の子からバシバシ叩かれやすいです。普通、女の子からカメラマンに触ってくることはまずないと思いますが、ボケに対するツッコミだとそれが簡単になります。

ちなみによくバシバシ叩かれるポイント、そのまま触られるポイントとしては腕が9割です。ですので、ボケるときは叩かれやすい位置に自分の腕があるか確認しましょう笑

6.モデルさんの好物を用意しておく・・・

事前にモデルさんがなにが好きかわかっていれば、例えばケーキやなにかを持ってくのもアリです。スタジオについたら撮影の前に軽く話しながら食べるでもいいですし、スタジオに行く前にカフェによってもいいと思います。だいたいの場合、甘いもので美味しいものは外しませんが、甘いものが嫌いな女の子もいるのでそこは注意です。しかもカメラマンに気を使って苦手な食べ物だったとしても言わない場合もあるので何を用意するかは慎重にしましょう。

7.モデルさんが好きそうな小道具を用意する・・・

たとえばぬいぐるみだとか、リラックマだったりカピバラさんだったり・・・ちなみに僕はカピバラさんが好きです。どうでもいい情報でした笑 撮影がうまくいったらそのまま最後にプレゼントするとさらに好感度アップで次回の撮影もうまくいくこと間違いナシです!

 

この7つのコツがうまくできれば、撮影はうまくいったも同然です。

もしかするとそのまま友達になることもできるかも・・・!?

ぜひぜひモデルさんと楽しい撮影のひとときをお過ごしください(`・ω・´)ゞ

 

さらにモデルさんと仲良くなるための秘訣はコチラです、(`・ω・´)ゞ

 

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑