恋愛対象外の女とはコレだ!○○な女性とはゼッタイにムリだよね?

DSC_5273

しばらく独り身で、「そろそろ彼女がほしいなー」と思っていても、ゼッタイに彼女にしたくないタイプ「恋愛対象外ウィメン」っていますよね。

もちろん誰もが空気を読んで本人にそんなこといいませんので、僕が独断と偏見に満ち満ちたこれはムリだわ、ってタイプをあげていきたいと思います。

ちなみにこんなことを書く僕はどんな人かというと、純白なココロを持つ素直青年ですよ。

どれくらい純白かというと、掃除したあとの便器くらいの白さです。

さ、それでは「恋愛対象外の女シリーズ」いってみましょー!

 

スポンサード リンク

 

恋愛対象外の女のパターン

その1:なんでもしったか系女子

ええと、とりあえずタイトルは「~女子」ってつけときました。

女、って書くとなんか生生しいし、「女子」ってつけとけば怒られないかな、なんていう姑息な考えです。

話を戻しまして、このしったか系女子。

これがまためんどくさいんですわ。

「この前、ザギンでシースー食べたらマジで旨くてさぁ!」

「あー知ってるぅー、あのお寿司屋さんでしょ?芸能人がよく行ってるよねー!知ってる知ってるぅーあたし食べたことあるもん」

「あ、行ったことあったの?なに旨かった?」

「えーとね、アレ、ミートボール軍艦巻き!」

え、それかっぱ寿司とかスシローじゃねぇのかよ、とツッコミたいのですが、相手はドヤ顔で喋ってるわけですよ。

そもそもが最初にザギンでシースーとか言ってる時点で男のほうもアレな感じですが、つまりはこんな感じです。

口癖は「あー、ね」

 

スポンサード リンク

 

その2:金銭感覚水商売系女子

僕は割とキャバ嬢とかにも偏見はないというか周りにも多いのですが、金銭感覚がズレズレの人も中にはいます。

例えば付き合う前の友達以上恋人未満な状態で、

「デートはすべて男がお金出すでしょ」

「ランチと2人で5000円ですんだら安くない?」

「え、買い物行ったら10万は使うの当たり前っしょ!」

うーん、まぁ20代前半までだったら、別にこれで許されちゃう、というか僕は許しちゃうんですけどね。

そもそもキャバクラというのは、男がミエを張りに行っているようなもんなので(僕はほぼ行かないので想像ですけど)お金の使い方が結構あらくなっているわけですよ。

でも、キャバ嬢の中には「あ、これが普通なんだ」と勘違いしちゃう人もいるわけなのですね。

とくに昼職やったことない人に多い気がします。

口癖は「男は金じゃないよ!」(でも割り勘にすると怒る)

その3:生活できなさそう系女子

実家ぐらしの女子にたまにいるパターンなのがこちら。

・掃除洗濯は自分でできない

・料理もちろんできない

・仕事はバイトしかしたことがない

・趣味はないというか、テレビしか見ない

おいおい、じゃぁキミは一体なにができるっていうんだ・・・となんとなくこっちまで不安になるのが特徴。

口癖は「え、それアタシできないし…」

その4:韓流大好き系女子

これはまぁ・・・(お察しください)

恋愛対象外の女子まとめ

そもそも、見た目に気を使ってないだとか、女性を捨ててるタイプはもともとムリですよね。

・・・。

今ふと自分を見てみたら、髪の毛ボサボサ、ちょっとだけ無精髭、ピンクのTシャツ・・・。

「恋愛対象外の男子まとめ」に出てきそうな感じになってしまっているので、ちょっくらシャワー浴びてきます。

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑