街コンの感想2:ネットワークビジネス(マルチ)の見分け方

DSC_6018

街コンが流行る前、mixiのオフ会などに行くと、ネットワークビジネス(以下マルチ)の勧誘員がかならず紛れ込んでいました。

僕はわざとそういう人に引っかかったふりをして、どういった手口で勧誘するのか実際に体験してみたこともあります。

いやーカフェで4時間ほど勧誘員2人から勧誘された時は、ホントにゲッソリしましたよ(ヽ´ω`)

勧誘から開放された時は2キロくらい体重が落ちてたかもしれない。

マルチ勧誘ダイエットとしてこれは流行るのでは…あ、話がそれました。

何回かそういう人と会うと、「そういう人の雰囲気」がわかってくるのですが、初めて見た時はなかなかわかりません。

僕個人としては、ぶっちゃけマルチしてる人はそれはそれでどうでもいいんですが、「街コンに来て勧誘すんなよ!」と声を大にして言いたいわけであります(`・ω・´)

 

スポンサード リンク

 

街コンでマルチの勧誘がムカつく理由

そもそも、街コンはなんのために行くのかって言うと、異性の友達を増やしたり、恋人を増やしたりするために行くわけですよね。

それなのに!

友達付き合いしようと思った人からイキナリ「いいビジネスがあるんだけどさ…」なんて言われたらそりゃムカつくってもんですよ。

街コンには友達をつくりに来てるわけであって、誰もビジネス(しかもマルチ)の話を聞くためにお金を払ってるんじゃないわけです。

もっとも、勧誘員はパーティ(笑)を1回か2回カマしてから勧誘してくるので、お金だけでなく時間も無駄になります。

引っかかりやすいのは、新社会人や新大学生など、そして街コンの場合はモテない人達です。

これは男だけが引っかかるわけじゃなくて、女の人も引っかかる可能性があるので注意ですよ!

 

スポンサード リンク

 

ネットワークビジネス(マルチ)は楽に儲かるわけじゃない

そもそもがネットワークビジネスはそれほど甘いもんじゃありません。

本当に楽に儲かるなら、仕組みの性質上、もっと話題になってますわ。

「でもね!品質が凄くいいの!」

これは実際に僕が勧誘された時に聞いたセリフです。

品質が良いったって、調べたら普通の製品のOEM版だったりします。

簡単にアマゾンで安く買えちゃいますよ。

普通な商品に、付加価値があるかのように見せかけて高く売る、ある意味、商売人としてスゴイ人なのかもしれません。

マルチは人付き合いがめちゃめちゃうまくて、センスのある人なら、今もまだ儲けることはできる気はします。

でも、それほどのスキルがあるのであれば、普通に営業職で食ってくほうが間違いなく良いハズ。

さらにネットワークビジネスのオススメできない点は「人間関係が非常に多く、めんどくさい」というところ。

あなたを勧誘してくる人がいるとして、もしあなたも加入した場合、その勧誘をあなたもやらなければいけないわけです。

毎日毎日、街コンなどのパーティに行って、勧誘して、ある程度のカモが集まったら、どこぞのマンションで「お好み焼きパーティ」や「たこ焼きパーティ」を開き、さらにその後別な日に、カフェで説得する…それをあなたもやりたいですか?

マルチ勧誘員の見分け方

さてようやく本題です。

マルチをやっている人たちというのは、そもそもが基本的に騙されやすい人がやっています。

その人たちだって、誰かに勧誘されてやってるわけだから、そりゃそうですよね。

だいたいマルチの他にも、絵を買わされてたり、変な宗教に入ってたりすることも多いです。

よいカモなんですな。

しかし中には、めちゃめちゃセンスがあって、お金を儲けてる人たちがいるのも確かに事実ではありますが、そういう人たちは目を見るとすぐにわかります。

なんていうか…目が死んだ魚のようでいて、異様に力強いか、相手を見下してる目をしているか、って感じ。

口では笑ってるのに、目の奥が笑ってねーよ、という印象です。怖い。

ただし、街コンにはあまりそういう人たちはきません。

来るのはいわゆる下っ端的な人たちばかりです。

では、そういう人たちの特徴を箇条書きにしてみましょう。

  • やたらとノリが良い
  • やたらとポジティブ
  • 自己啓発書が大好き(金持ち父さんとか鉄板)
  • すぐに誘ってくる
  • なぜか海外に行きたがる。そして自慢したがる
  • LINEなどで誘いをガン無視しても、粘り強く誘ってくる
  • 夢を語る率が半端ない
  • 尊敬する人(メンター)ができた、と言っている
  • 知り合いがよくパーティを開いてて…とか言ってる
  • LINE交換を誰とでもしたがる(女性でこれをしてるとほぼマルチ)

だいたいこんな感じでしょうか。

この兆候に気をつけていれば、おそらく大丈夫なはずです。

マルチだとしてもナンパくらいはしたいという冒険者へ

普通の人は、マルチとか距離を置こう、と考えますが、そのコがめちゃめちゃ好みだったりした場合はなんとかお近づきになりたい、と考える方もいるでしょう。

僕個人としてはオススメできませんが、方法はあるにはあります。

それは、

  • 相手以上にポジティブを装う
  • 相手の尊敬できる人に共感したフリをする
  • 「◯◯さんってスゴいね!」と相手をちょっと多めに褒める
  • 「◯◯さんの話は引き込まれるわー」と要所要所で褒める
  • 目をなるべくキラキラさせる
  • 自分もそこそこ「できるオトコ」だということをさりげなくしっかりとアピールする
  • 入会するようなフリをみせる
  • 会う日や場所はかならず自分から指定する
  • ちょっと高級なお店でゴハンを食べる

これで後は適当なトークをかましていれば、おそらくOKなハズ。

マルチ系女子の特徴として「騙されやすい」「自分の知り合いはすごい人が多い(から自分もスゴイ)と思っている」「お金はさほどない」というのがあります。

騙されやすいはもうそのまんまとして、自分の知り合いにすごい人が多い(ここからしてもう間違いなんですが)という思い込みがあります。

思い込みが激しいタイプとも言えますね。

そしてだいたいお金に困っています。

マルチをやっていて、お金落ちな人はそうとう少ないです。

これをやるとすごくお金が稼げるよ!といいつつ、勧誘してる時のカフェの代金は割り勘とか、ホントにそんな感じ。

セコいのです。

なので、ちょっと高級なお店に連れて行くだけで、「このひとはもしかしてすごい人かも!」と相手が勝手に勘違いしてくれます。

とはいえ、彼女らマルチ系女子は非常に多忙な人たちです。

なんせ普通の仕事以外の時間は、セミナーに行ったり、上層の人たちと会ったり、カモを探したりしなければいけないからですね。

なので、恋愛もなかなかうまく進まない可能性が非常に大きいです。

それでも試してみたい!という方は止めませんが、街コンなどでマルチ系女子に遭遇した場合は、すみやかに離れるのが吉ですよ!

街コン感想シリーズ

街コンの感想1:必勝法と選び方はこちらの記事で書いています。

街コンでお持ち帰りをするナンパ師。その実態に迫る!

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑