池袋水族館の超詳細レポート。デートにも最適!~屋内編2~

レポートその1はこちら
サンシャインラグーンの水中パフォーマンス5

でっかいエイもおねえさんのところにやってきます。

なんていうふてぶてしい顔・・・笑

サンシャインラグーンの水中パフォーマンス5

おねえさんからちょくせつエビをもらって大満足のエイ。

僕も女性にはい、あーん☆ってしてもらいたい。してもらいたいですよ。

 

スポンサード リンク

 

トラフザメとハグするダイバーのおねえさん

サンシャインラグーンの水中パフォーマンス5

なんとダイバーのおねえさんがサメを抱っこして解説し始めます。

このサメ、トラフザメと言って、非常におとなしいサメなので大丈夫なそうですが・・・でもデカイよなぁ・・・。

サンシャインラグーンの水中パフォーマンス6

おねえさん、トラフザメをハグします。

トラフザメはハグされると泳ぐのをやめて、されるがままに・・・なんてかわいいんだトラフザメ!

サンシャインラグーンの水中パフォーマンス6

トラフザメとのラブラブっぷりを存分に見せつけつつ、おねえさん退場。

いやーよかった!

 

スポンサード リンク

 

クラゲがたくさん「ふわりうむ」

ふわりうむのクラゲ

ふわりうむというコーナーでは、両側の壁が一面クラゲの水槽になっています。

これがまた幻想的ったらないですよ、奥さん!

ライティングもまたニクい演出ですわ・・・。

ふわりうむのくらげ2

このコーナーではクラゲをたっぷり堪能することができます。

クラゲフェチなあのコにピッタリだぜ!

昔の池袋水族館の顔、マンボウも元気です。

マンボウ

僕が小学生のころだったか、むかーしの池袋サンシャイン水族館のヒーローはマンボウでした。

このすっとぼけた顔があの頃は大人気で、これのために1時間とか行列ができてたような。

今は行列なしでずーっと見てられます。

イカ

ついでに顔の面白いコブシメ。

身体の横っちょについているひらひらで泳いでいます。

わりと優雅なような、そうでもないような・・・。

シーホース

 

さらになんかカッコいい感じのシーホース。

召喚獣的なデザインです。

パンダっぽい配色の魚も!

パンダっぽい魚1 パンダっぽい魚1

パンダっぽいと言っても、白と黒の配色ってだけなんですけどね。

カップルでデートに来た時とかに、

「ほらこれ見てご覧よ、パンダみたいな色合いだね」

「キャーほんとだぁー☆水族館でもパンダを思いつくなんて、たっくんて想像力豊かなんだね♪惚れなおしちゃったゾッ☆(ゝω・)vキャピ」

とかなるかもしれない。

実際そんなカップルがいたら僕は無表情で見つめますが。

子供が大好きサンショウウオ

サンショウウオ

なぜか子供に大人気なサンショウウオ。

子供にはウマそうに見えるんでしょうか。

ここではしゃげば、子供心を忘れないオトナをアピールすることができます。

端っこ大好きウーパールーパー

ウーパールーパー

端っこのほうで固まってるウーパールーパー。

仲良さそうです。

彼らの目線の先には一体なにがあるのか。

それを考えると眠れない日々を送ることになりそうです。

水族館は魚だけじゃなくてトカゲもいます

トカゲ1 トカゲ2

最近は女性でヘビやトカゲをペットに飼う人も増えてるそうです。

実際にヘビを飼ってる女性のお家に行ったことがあるんですが、ファンシーな部屋にヘビがピッタリマッチしてました。

顔の面白い魚は、会話も途切れないので便利!

顔の面白い魚1 顔の面白い魚2顔の面白い魚4 顔の面白い魚3

初デートで会話が続かない!という時は、この水槽がオススメ。

とりあえず魚の顔をイジっておけば、なんとなく会話が続きます。

間違っても相手の顔をイジってはいけません。

ニモ!と言っておけばお互いに通じる魚

ニモ

ファインディング・ニモで一躍有名になったクマノミです。

ニモとふよふよしてるイソギンチャクのコラボは結構見てて面白いのが悔しい。

その他、水族館の館内はこんな雰囲気です

池袋サンシャイン水族館内観1 池袋サンシャイン水族館内観2

割と暗めなところが多いので、ワケありなオジサマのデートにもピッタリ・・・かも?

今回写真でご紹介したのはごく一部なので、実際はもっと様々な生き物が出迎えてくれます。

さらに!

気がついた方もいるかと思いますが、これはまだ屋内だけの紹介だったのですよ・・・(`・ω・´)

続いてアシカの芸などが素晴らしい屋外の紹介に行きたいと思います!

サンシャイン水族館の屋外へ→

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑