一眼レフカメラのマクロレンズとは?【初心者向け】

そもそもマクロレンズって普通のレンズと何が違うの?

マクロレンズは、「近くの物を写せる」と言われていますが、普通のレンズでは近くの物を写せないのかどうか、テストしてみました。

まずは普通のレンズで撮った写真。

※写真はすべてクリックすると拡大します。

リボルテック 雷神
被写体:リボルテックタケヤ SERIES No.010 雷神
カメラ:Nikon D600
レンズ:Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D

これは普通の50mmレンズで撮った写真です。

 

スポンサード リンク

 

これをもっと被写体に近づけて撮影してみようとすると・・・

ボケてしまった写真

ピントが合わず、ボケボケになってしまいました。

これが通常のレンズです。

 

マクロレンズを使うと・・・

マクロレンズで近づいた
カメラ:Nikon D600
レンズ:SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG

先ほどの標準レンズよりもさらに近づくことができました。

今回使用したシグマのマクロレンズだと更に近づくことができます。

シグママクロレンズで接写
カメラ:Nikon D600
レンズ:SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG

なんとここまで近づくことができます!

驚異的! このレンズを使えば、料理もドアップで撮れるし、ペットの表情をアップで撮ったり、商品写真やお気に入りの品物を細部まできっちり撮ることができます。

 

マクロレンズを使用したサンプル画像

レンズはすべてSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DGです。

猫の目 葉っぱ トンボ 猫マクロ撮影 香水写真
ナポリタン

オススメのマクロレンズ

マクロレンズは各社からいろいろと出ていますが、オススメはなんと言ってもシグマのマクロレンズです。

もちろんキャノンやニコンから出ているマクロレンズでもいいのですが、お値段が3~4万円とちょっとお高いです。

シグマのマクロレンズなら2万円ちょっとで買えますし、品質もかなりいいです。ボクがここにあげているマクロレンズで撮影したものはすべてこのシグマのマクロレンズで撮影したものです。

そしてなんといっても各種カメラメーカーに付けれるようにマウントがそれぞれでていますのでどんなカメラにもつけることができます。

※ただし、マウントが違うメーカー、例えばキャノンマウントのものをニコンにつけることはできないので、購入時は注意するようにしてください!

SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG キヤノン用 
SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG ニコン用
SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG ソニー用
SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 50mm F2.8 EX DG ペンタックス用

ちなみに、このレンズのレビューはコチラです。

 

マクロレンズがレンズキットでついてくることってほとんどないのですが、意外と一番使う頻度が高くなるレンズかもしれません。

お友達同士で花の撮影なんかをしてても、マクロレンズで画面いっぱいに花を写したりすれば、注目度ナンバーワン間違いなし!(`・ω・´)

ペットの撮影・モノの撮影には一番適しているレンズだと思います。 もちろん、これでポートレート写真も撮ることもできます。

マクロレンズ、一本お手元に置いてみてはいかがでしょうか?(`・ω・´)ゞ

 

 

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑