ISO感度の目安。 シチュエーション別これがオススメ!という数値。【初心者向け】

ISO感度とは簡単に言うとなんなのか。

よく一眼カメラの雑誌とかで写真の設定数値を見ると、ISO感度、というのがあります。

絞り、だとかシャッタースピード、というのもイマイチ分からないのに、ISO感度ってアルファベットで言われてもまったくわからん、と僕も最初は思いました。

ですが、このISO感度の数値を変えると写真がどう変わるかさえ知っていればいいのです。

ISO感度の原理とかはなかなか寝付けない夜なんかに調べるくらいでいいと思います。そんなものなのです。

 

スポンサード リンク

 

結論から先に書きますと・・・

webでアップするくらいのサイズの写真の場合、特に気にすることはありません。ISOはAUTO(カメラが自動で設定してくれる)モードにしてもほぼ大体の場合はまったく問題ないです。

ただし、大きく印刷する場合や、撮った写真をトリミングする場合などは注意が必要になってきます。

その場合はISO感度の数値設定を適切に変えなければいけません。

 

ISO感度の数値設定を変えるってどういうこと?

ISO感度というのは、数字で表されます。大体、100~6400程度がよく使われる数値です。

この写真はISO感度100で撮りました、とかISO感度6400で撮りました、とかそういう言い方をします。

ISO感度の数値の変え方については各カメラで違いますので、それぞれの取扱説明書を読んでみてください。

カメラによってはISOと書かれたボタンがある場合もあります。

では、実際にISOの数値を変えるとどうなるのか実際に見てみましょう。

※画像は全てクリックで拡大できます。

 

ISO感度が100の場合・・・

100

 

ISO感度が800の場合・・・

800

 

ISO感度が3200の場合・・・

3200

 

ISO感度が6400の場合・・・

6400

 

それぞれを見比べてみると・・・

まったく違いがわからないと思いましたか?

僕もまったく違いがわかりません笑

webでアップするようなこれくらいのサイズの画像の場合は見た目がほとんど一緒です。

ですので最初に書いた通り、カメラまかせのISO感度はAUTOモードにしちゃっても全然大丈夫なのです。

ですが、大きく印刷したりトリミングしたい場合はもう少しISO感度のことを知っておかねばなりません。

というわけで、先ほど撮影した画像の猫の置物の手の部分を拡大して見てみましょう。

 

ISO感度が100でトリミングした場合・・・

100-2

 

ISO感度が800でトリミングした場合・・・

800-2

 

ISO感度が3200でトリミングした場合・・・

3200-2

 

ISO感度が6400でトリミングした場合・・・

6400-2

 

それぞれを見比べてみると・・・

お分かりいただけたでしょうか?

ISO感度の数値が高くなればなるほど、ノイズがひどくなってきています。

わかりづらい場合は写真をクリックして拡大して見て下さい。

つまり、ISO感度の数字が小さい=ノイズがないキレイな画像。 ISO感度の数字が多い気=ノイズが満載の画像。

ということになります。

 

じゃぁ、ISO感度の数字を高くする必要ってなんなの?

ISO感度の数字はずっと低いほうがいいじゃないか、と思われるのも当然です。

ですが、実は、先ほどの画像はそれぞれを比較しやすくするために、ISO感度以外にもシャッタースピードの数値を変えているのでした。

シャッタースピードの数値を変えると、写真の明るさが変わります。(シャッタースピードの説明はこちらです

それと同じでISO感度も数値によって写真の明るさが変わります。

例えば今回撮った写真は、

ISO感度100のシャッタースピード・・・1/10秒

ISO感度800のシャッタースピード・・・1/80秒

ISO感度3200のシャッタースピード・・・1/320秒

ISO感度6400のシャッタースピード・・・1/640秒

というように、ISO感度の数字が高くなるほど、シャッタースピードが早くても写真が暗くなりません。

言い換えると、

「ISO感度は数値が高ければ高いほど、写真が明るくなる」

ということになります。

例えばライブハウスのような暗い場所で写真を撮るにはISO感度の数値を高くして明るさを補う、もしくは、日差しが強くて非常に明るい山並みを撮る時はISO感度の数値を小さい数値で撮る、ということになります。

おわかりいただけたでしょうか?

もしイマイチわからん、という場合でも次のシチュエーション別ISO感度設定を見ていただければ、だいたいあっていることが多いハズです!

 

シチュエーション別、ISO感度だいたいの設定表

ISO感度100~400・・・風景など明るい場所を撮るときや、ノイズを載せたくない場合(人物の肌など)に使用します。

ISO感度400~3200・・・室内で撮影するときなど、明るさがちょっと足りない場合に使用します。

ISO感度3200~・・・ライブハウスや、薄暗いカフェなどの暗い場所。

・・・とは言うものの、わからなかったらISO感度AUTOモードで撮れば良いのです。

もっと重要なのは、写真の構図だったりなので、カメラに慣れてくるまではカメラまかせにできる部分はしちゃったほうがいいと僕は思います。

一昔前のカメラだと、更にノイズの乗り方がひどかったのでそうもいかないのですが、今どきのデジタル一眼カメラは安くてもかなり高性能なので、昔ほどノイズを気にする必要はありません。

むしろ自分の撮った写真のノイズが気になってきたら、写真スキルを成長させる一歩だと思って、改めてこの記事を読んでわかっていただけたらと思います。

大切なのは、楽しく写真を撮ることです!

エンジョイ写真ライフですっ(`・ω・´)ゞ

ad

この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

あなたにオススメの記事はこちら

PAGE TOP ↑